結婚式の招待状の作り方

結婚式の招待状の作り方

招待状はご招待する方の予定や人数を確定させるために必ず必要となります。

招待客のリストアップ

まずは招待客のリストアップをしなければなりません。
リストアップの方法は「親戚」「恩師」「職場の同僚・先輩・上司」「友人」などで絞っていきます。
そして招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大切です。
またどちらかが遠方の場合など、やむえず人数に差が出る場合もあります。その場合はテーブル席次表などは友人などで調整していきましょう。
そして招待客のリストアップは二人で十分に話し合って決めましょう。

招待状の投函

結婚式の日取りが決まり、ゲストのリストアップが出来れば、一般的には式の2ヵ月~3ヶ月前までには招待状を送付します。
早すぎるとゲストの予定が決まってなく、また遅すぎるとすでに予定が入っていることがあります。
また招待状の投函日も出来れば「大安」または「友引」などの日柄の良い日に投函しましょう。(今はあまり気にすることもありませんが)

出決の返信ハガキの期限は結婚式から1ヶ月前くらいの「大安」または「友引」など縁起の良い日を選びたいですね。
また1ヶ月前までに返信ハガキが返ってこない場合もあり、そのため席次表や席札の注文が出来ないなど今後のスケジュールに遅れが生じてきますので出来るだけ少し余裕を持って投函していくことも必要です。

招待状の文例

文面はどのように書けばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
招待状には出す時期や渡し方のマナーがあります。
招待状を送る際になくてはならないのが「本状」です。

(時候のあいさつ)
謹啓 早春の候
皆様におかれましては
益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

(媒酌人をたてる場合)
このたび私たちは ○○○○様ご夫妻のご媒酌により
結婚式を挙げることになりました

(媒酌人をたてない場合)
かねて婚約中の私たちは
このたび結婚式を挙げ
新しい第一歩を踏み出すことになりました

(結婚式・披露宴への招待文)
つきましては 皆様により一層のご指導を賜りたく
ささやかではございますが 披露宴を催したく存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

敬白
平成○年○月吉日
○○○○(新郎氏名)
○○○○(新婦氏名)


日時 2019年5月20日(月)午後1時開宴
(開宴30分前までにお越しください)
場所 ○○ホテル 3階 松の間

(出欠連絡の締め切り日)
なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

●返信ハガキは受取人の住所氏名を記入をし、切手を貼付けた状態で同梱します。(切手は慶事用の図柄もあります)
●挨拶文には句読点をつけてはいけません。
句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いになることからだそうです。気をつけましょう。
●遠方の方々のためにもホテルまでの地図など入れておきましょう。(最寄駅から何分など)

文面は色々なパターンがあります。
媒酌人あり無し、結婚式のスタイル、挙式あり無し、などによっても文言が変わってきますのでご自分達の挙式スタイルによって変えていきましょう。

招待状の文面が出来上がれば次は招待状の製作です。
印刷、デザインなど様々なものが出ていますが、製作は業者に任せますか、それとも手作りですか。
次回は招待状の作り方です。

 

結婚式のプチギフト

プチギフトは準備されますか。

結婚式の披露宴が終わった後に出席していただいた方へお渡しするプチギフトは準備されますか。
披露宴が終わり二人で会場の出入り口付近でお見送りする際に、お渡しするプチギフト。

必ずプチギフトを準備する必要はありませんが、お見送りする際には、参列者の方々一人一人とお礼を言う場面でもあります。しかし、
お見送りをするだけの場合は、言葉を交わす事がないまま即座に帰る方が多い可能性もありますが、お見送りの際お渡しする事で、より接する機会は増えてきますので、お一人お一人と、今日の日の感謝の言葉を伝えることが出来ます。
その為にもプチギフトの準備は大切です。

ただしプチギフト選びは、両親へのプレゼント、引き出物とは違いそんなに高価なものではありませんが、安価な品物ほど選ぶ人のセンスが問われます。

プチギフトのサイトを見ると様々なギフトを見て選ぶことも出来ます。たとえばチョコレート、クッキー、キャンディなど。
また飲食品の他にも、何か記念に残るもの、日常品、(お二人の名前は入れない)なども候補に挙げれます。
どちらにしても、自分がもらった時に嬉しい物なのかが一番のポイントです。

安価なものでもちょっとした工夫、アイデアでオリジナリティある他にないギフトになります。そして、列席者の年代、性別問わず実用的なプチギフトを選ぶ事も喜ばれる要因となります。
さらに、ふたりからのオリジナルメッセージの入ったプチカード(似顔絵入りなど)を添えるとまた気持ちが伝わりそうですね。

今、結婚式の準備で忙しいお二人ですが、プチギフト選びにも手抜きが無いようにしたいものです。

 

ドレス選びと結婚報告

ドレス選び

今回は会場も決まり本格的に結婚式の準備に取り掛かる期間です。
まず何をされますか。そうです、会場が決まった後には衣装選びになります。
提携先のドレスサロンや人気のレンタルのドレスの場合は、同じドレスが何着もあるという訳ではありません。
あの時試着したドレスが良かったと思っても、もうすでに予約されていたと言うことのないように、ドレス選びは早めにしたいですね。
その為にも、自分の気に入ったドレスを選ぶためには出来るだけ早めの会場探しも必要ですね。

また、ドレスの選び方ですが、自分の好きなデザインとか色とかに片寄らず家族にも意見を聞いて選ぶことも大切です。
ドレス選びは初めての経験です。どんなドレスが似合うかわからないのは当然ですよね。その場合は好みのドレスをスタッフに伝えて全てゆだねてしまうのも一つの方法です。

結婚報告するタイミング

結婚の報告するタイミングは、結婚式の日取りが決まってからになります。
仕事をしている場合は、まず直属の上司、お世話になっている先輩や同僚の順に報告します。まわりの人たちへ正式に結婚の報告をすることは、大人としてのマナーでもありますし、今後の人間関係をスムーズにしていく上でも大切なことになります。

友人や知人への報告は出来るだけ自分の言葉で「結婚します」と伝えたいですね。
仲のよいグループの場合は、みんなの前で同時のタイミングで報告したいものです。

また、親戚への報告もしなければなりません。日頃付き合いのある方には自分の声で伝えてくださいね。きっと親戚の方々にとっても嬉しいものです。
もしあまり付き合いのない親戚であれば親のほうから報告してもらいましょう。

招待客の最終決定ですが、新郎新婦の主賓と絶対に来てほしい人を最優先に決めます。
主賓は招待ゲストのなかで「最も社会的地位が高い人」を主賓とするケースが多いようですが、一般的には新郎新婦とのエピソードをもつ目上の人物が適任といえそうです。その場合、会社のトップ、上司や学生時代の恩師などにお願いすることも多いようです。

主賓の挨拶・乾杯の発声などは披露宴のはじまりに、ゲストを代表して祝辞を述べてもらう大切な役目です。
誰にお願いするかも含め、両家できちんと話し合いましょう。ゲストへの打診は、結婚報告と同じタイミングでお願いしてください。
招待客も両家のバランスを相談しながら、お互いが納得できるように決めましょう。
最終的に新郎側・新婦側の親族、友人などを確認しながら、今回会場の都合、両家のバランスなどで披露宴に呼べない人は、細かな気配りを忘れずに二次会に来てもらうようにしましょう。

またスピーチや余興など、両家から気心の知れた親戚、友人にお願いする場合は、その人の特技(話上手、歌が好き)なども人選に活かしてくださいね。

 

結婚式前の両家の顔合わせ

前回は結婚式の会場選びのテーマでしたが、その前に親への報告を済ませなければいけません。そして今後の両家の顔合わせや、結納、結婚式、など今後の事もスムーズに事が運ぶよう段取りたいですね。

まずは顔合わせですが、
以前は仲人を立て、結納をすることが多かったようですが、ここ最近は少なくなったようです。
しかし、その土地柄、風習、親の意向なども尊重しなければいけないところです。その場合は、顔合わせの機会を結納とすることもありますし、食事だけの顔合わせ食事会もあります。
その場合も両家から利便性を考えた料亭やホテルの個室を使うことが多くなっています。お互いの親が遠方な場合には、そのときに婚姻届の証人の署名を、その場でお互いの親に書いてもらってもいいかもしれませんね。

席順については、仲人を立てず、本人と両家の両親だけで行う略式結納の場合は
イラストのように
男性側の父親が最も上座に座り、その隣に母親、男性本人、という順番に。
女性側も同じく、父親、母親、女性本人の順に座ります。
仲人を立てる場合は、仲人夫婦は下座側に座り、儀式の進行役を務めます。

また、両家の親が了承していれば、先に日取りや場所が決まっていてもOKだと思います。
そのときは結婚式の事をある程度相談できるかもしれません。しかし、両家の考え方は違うものです。顔合わせ、結納の前までにはできる限りお互いの両親と話し合いを持ってスムーズに行えることが大切です。

また、両家の顔合わせ食事会はお昼の時間帯が多いようです。昼の時間帯に行うメリットは、比較的ゆっくりできることです。
時間帯も11時から15時くらいまでの2時間から3時間ほど、食事が運ばれる前に、挨拶と両家の家族の紹介などを済ませます。

顔合わせ食事会での挨拶等の段取りも事前に決めておきましょう。
挨拶は新郎側の父親か新郎本人で、乾杯の挨拶は新郎父親、締めの挨拶とお礼は新郎か新郎新婦2人で行うと良いでしょう。

記念写真はお酒が入る前の早めの時間に出来るだけ行いましょう。事前にスタッフの方に写真撮影をお願いしておくことも忘れずに。

また両家の共通な話題などの準備をしておくことも大切です。
お互いの小さいときの写真数枚を見せ合ってそのときのエピソードなど披露したすると盛り上がります。

 

結婚式の日取りと会場探し

結婚式の準備の始め方

まずは日取りと会場探し

お二人でどんな結婚式を挙げたいのか充分に話し合ってくださいね。
実際にカレンダーで確認しながら、月日、曜日、大安・友引(気にされる方は)などまずは見てください。
10月とか11月は特に人気月なのでこの時期をお考えの方とか週末などは早めの手配が必要になります。
結婚式会場はブライダル雑誌、スマホ・パソコンなどインターネットでご希望の地域などで探せばすぐに探し出せますので、挙式スタイル(教会式、神前式、人前式、その他)招待者の人数、ご予算などが見れます。

そして相手方のご親戚ゲストの方が、遠方の場合は会場までの利便性、宿泊などのことも考慮に入れましょう。ホテルでの結婚式の場合は宿泊される方には便利ですよね。最近は各会場ブライダルフェアーなどがありますので、実際に会場を見学したり本番さながらの、模擬挙式や演出が楽しめる模擬披露宴などを体験することで、どんな結婚式ができるか具体的にイメージが湧きますので、ぜひ数会場参加してみることも大切です。
もちろんイメージとしてはこんな結婚式にしたいなぁー的な感じで大丈夫です。

最近の統計では、式場探しの時期は1位が6ヶ月前・2位が12ヶ月前、3位が10ヶ月前と平均では10ヶ月となっているようです。
また会場の決定時期も1位、2位ともに式場探しの時期と同じになっています。皆さん早目に式場を探し早目に決定されているようです。

現在具体的な挙式日が決まってない場合でも、思い切ってブライダルフェや会場見学に参加することでより自分の結婚式のイメージがはっきりしてきます。
またそのときに見積もりを作ってもらえることで結婚式にかかる費用なども具体的にわかってきます。

準備の取り掛かりが早ければ早いほど挙式の希望の日取りを予約できる確率は高くなります。(特に春と秋のシーズンをご希望の方)

会場選びの前にしておきたいポイント

挙式や披露宴に招待するゲストの人数とか、招待客の顔ぶれなど(友人が多いとか)は早めに分かれば、会場選びにある程度絞り込みができます。また結婚式の予算にも関わってくるので、ゲストの人数は早い段階で把握しておくことも大切なポイントです。

次は会場が決まった後に始める準備