結婚式の招待状の作り方

結婚式の招待状の作り方

招待状はご招待する方の予定や人数を確定させるために必ず必要となります。

招待客のリストアップ

まずは招待客のリストアップをしなければなりません。
リストアップの方法は「親戚」「恩師」「職場の同僚・先輩・上司」「友人」などで絞っていきます。
そして招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大切です。
またどちらかが遠方の場合など、やむえず人数に差が出る場合もあります。その場合はテーブル席次表などは友人などで調整していきましょう。
そして招待客のリストアップは二人で十分に話し合って決めましょう。

招待状の投函

結婚式の日取りが決まり、ゲストのリストアップが出来れば、一般的には式の2ヵ月~3ヶ月前までには招待状を送付します。
早すぎるとゲストの予定が決まってなく、また遅すぎるとすでに予定が入っていることがあります。
また招待状の投函日も出来れば「大安」または「友引」などの日柄の良い日に投函しましょう。(今はあまり気にすることもありませんが)

出決の返信ハガキの期限は結婚式から1ヶ月前くらいの「大安」または「友引」など縁起の良い日を選びたいですね。
また1ヶ月前までに返信ハガキが返ってこない場合もあり、そのため席次表や席札の注文が出来ないなど今後のスケジュールに遅れが生じてきますので出来るだけ少し余裕を持って投函していくことも必要です。

招待状の文例

文面はどのように書けばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
招待状には出す時期や渡し方のマナーがあります。
招待状を送る際になくてはならないのが「本状」です。

(時候のあいさつ)
謹啓 早春の候
皆様におかれましては
益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

(媒酌人をたてる場合)
このたび私たちは ○○○○様ご夫妻のご媒酌により
結婚式を挙げることになりました

(媒酌人をたてない場合)
かねて婚約中の私たちは
このたび結婚式を挙げ
新しい第一歩を踏み出すことになりました

(結婚式・披露宴への招待文)
つきましては 皆様により一層のご指導を賜りたく
ささやかではございますが 披露宴を催したく存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

敬白
平成○年○月吉日
○○○○(新郎氏名)
○○○○(新婦氏名)


日時 2019年5月20日(月)午後1時開宴
(開宴30分前までにお越しください)
場所 ○○ホテル 3階 松の間

(出欠連絡の締め切り日)
なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

●返信ハガキは受取人の住所氏名を記入をし、切手を貼付けた状態で同梱します。(切手は慶事用の図柄もあります)
●挨拶文には句読点をつけてはいけません。
句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いになることからだそうです。気をつけましょう。
●遠方の方々のためにもホテルまでの地図など入れておきましょう。(最寄駅から何分など)

文面は色々なパターンがあります。
媒酌人あり無し、結婚式のスタイル、挙式あり無し、などによっても文言が変わってきますのでご自分達の挙式スタイルによって変えていきましょう。

招待状の文面が出来上がれば次は招待状の製作です。
印刷、デザインなど様々なものが出ていますが、製作は業者に任せますか、それとも手作りですか。
次回は招待状の作り方です。

 

結婚式で両親との思い出を手紙に-例文

両親へ育ててくれた事への感謝

お父さん、お母さん、
今まで25年間大切に育ててくれてありがとう

生まれてから一度も親元を離れたこともなくずっと甘えっぱなしで、
兄3人の末っ子という中でわがままだったけど言い尽くせないほどたくさんの愛情のなかで育ててくれた
お父さん、お母さんに感謝しています。

お父さんへとの思い出と感謝

お父さん、
お父さんとの思い出を振り返るといつも小児病院の頃のことを思い出します。
仕事から帰ってくるといつも抱き上げてたんすの上にのせてくれたこと。
春になると朝一緒に散歩したこと。みんなでBBQしたこと。
仕事が忙しい中でも連れて行ってくれたスキーや、キャンプのこと。

引っ越してきてからは少し家族の時間も減ってさみしかったです。
反抗期も長くてちゃんと話もしてなかったけど、同じ職場で働くようになって会話も増えて、お父さんの仕事の様子を見て初めてお父さんがどんな人なのかわかった気がします。
困っている人をほっとけないところ、弱い人の味方をしちゃうような義理人情に厚いところ尊敬しているし、実はちょっと自慢です。

お母さんとの思い出と感謝

お母さん、
お母さんには、本当いつもわがままばっかりでごめんなさい。
私に悩みがあると言葉にはしなくても察してくれるお母さん。
やつあたりして、それでもケロッと受け止めてくれるお母さんには何度も救われました。
体調を崩した時も、愛犬のらんちゃんが、死んでしまった時もずっと一緒にいてくれました。
毎日の送り迎え、毎日の掃除、出かける用事があっても必ず作ってくれたごはん。
25年間のどこをとってもお母さんの愛情でいっぱいです。
将来子どもができた時にお母さんみたいなお母さんになりたいと思っています。

これからの生活への抱負と両親への心使い

やんちゃすぎて迷惑もたくさんかけたけど、私はお父さんと、お母さんの娘で本当に良かったです。
何一つ親孝行できなかったけど、これからは何かひとつでもできるように頑張ります。
6人で暮らしていたあの家で二人で暮らすのはさみしくなると思うけど、これからも二人仲良く長生きしてください。
本当にここまで人一倍世話のかかる私を育ててくれてありがとうございました。

 

結婚式のプチギフト

プチギフトは準備されますか。

結婚式の披露宴が終わった後に出席していただいた方へお渡しするプチギフトは準備されますか。
披露宴が終わり二人で会場の出入り口付近でお見送りする際に、お渡しするプチギフト。

必ずプチギフトを準備する必要はありませんが、お見送りする際には、参列者の方々一人一人とお礼を言う場面でもあります。しかし、
お見送りをするだけの場合は、言葉を交わす事がないまま即座に帰る方が多い可能性もありますが、お見送りの際お渡しする事で、より接する機会は増えてきますので、お一人お一人と、今日の日の感謝の言葉を伝えることが出来ます。
その為にもプチギフトの準備は大切です。

ただしプチギフト選びは、両親へのプレゼント、引き出物とは違いそんなに高価なものではありませんが、安価な品物ほど選ぶ人のセンスが問われます。

プチギフトのサイトを見ると様々なギフトを見て選ぶことも出来ます。たとえばチョコレート、クッキー、キャンディなど。
また飲食品の他にも、何か記念に残るもの、日常品、(お二人の名前は入れない)なども候補に挙げれます。
どちらにしても、自分がもらった時に嬉しい物なのかが一番のポイントです。

安価なものでもちょっとした工夫、アイデアでオリジナリティある他にないギフトになります。そして、列席者の年代、性別問わず実用的なプチギフトを選ぶ事も喜ばれる要因となります。
さらに、ふたりからのオリジナルメッセージの入ったプチカード(似顔絵入りなど)を添えるとまた気持ちが伝わりそうですね。

今、結婚式の準備で忙しいお二人ですが、プチギフト選びにも手抜きが無いようにしたいものです。

 

両親贈呈お便り集

改めて両親への感謝の思い

先日は、本当にありがとうございました。
早速本とCDRを見せていただきました。
イメージどおりのものに仕上がっており、高級感もあり本当にお願いしてよかったなと思います。
披露宴がなく、なかなか感謝の言葉を面と向かっていう機会がないので、この本を渡すことができてよかったとおもいます。
本をよみながら改めて両親への感謝の思いがこみ上げてきてしまいました。
CDRにもしていただいたので、自分でもまた見ることができるのでうれしいです。
また別の機会にもお願いすることがあるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いいたします。
ややこしいお願いも聞いていただき、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

 

大変思い出深い両親へのプレゼントになりました

先日は、素敵なレターブックを作っていただきありがとうございました。
挙式の際の両親へのプレゼントを悩んでおりましたが、貴社の絵本にして良かったです♪大変思い出深いプレゼントになりました。
今後、結婚する友人などがおりましたら紹介したいと思っております。
また、当初は貴社が九州の遠方ということと、制作のやりとりがメールのみになりますことを、少々心配しておりましたが、 電話でもメールでも迅速且つ大変丁寧な対応をいただきましてとても安心いたしました。
今後も何かの記念の際には、利用したいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

無事にアルバムが手元に届き、昨日無事結婚式も終了いたしました。
かなりギリギリに申し込みを行い、そのうえ、文章の送付もギリギリ&修正が多いなど大変お手数をかけてしまいました。
アルバムのサイズを確認した時に、絵本サイズなので写真もかなり小さくなってしまうかなあと少し心配になっていたのですが、送付した写真よりも綺麗になっているのではないかという出来栄えでとても満足しています。

また、CD-Rも迷ったのですが、頼んでよかったかなあと思いました。パッケージに自分の写真が入っているのはなんだかとても嬉しいです。

 

両親へのプレゼントはシンプルがベスト

絵本届きました。想像以上に素敵な出来ばえでとてもうれしかったです。
他にも同じような本は出ていましたが写真入りの紙の表紙でなく布だったのでちょっとシンプルすぎるかなと思っていましたが実際の本は高級感があり温かく気持ちの伝わる本でした。
写真入りもいいけどやはり両親に渡すにはシンプルなほうが気持ちが伝わりそうでいいですね。本当にお願いして良かったです。
本も丁寧に作られていて感激です。ありがとうございました。今度は知人に両親へのプレゼントとして教えておきます。

 

両親へのプレゼント贈呈品としてご購入された方からのご感想です。

手紙の書き方「ありがとうの手紙」

書き出しは家族への感謝から始めます

今日まで、私を育ててくれてありがとう。
頑固で、わがままたくさん言って困らせてばかりだったけど、いつも辛抱強く見守ってくれて本当にありがとう。
家族や友人に恵まれ、29年間とても幸せでした。

お父さんとの思い出、印象、感謝などを書きます

お父さん、今日は尺八の演奏、どうもありがとう。
始めの頃はちょっとうるさいなあと思っていたけれど、マイ尺八を持ち歩き、朝から晩まで、どこでも一生懸命練習していたね。
そんな頑張りを家族以外の皆さんに見てもらいたくて、演奏をお願いしたんだよ。本当にありがとう。

そんな父、そして母にこの場を借りて、普段言えない気持ちを言いたいと思います。

昔から自分よりも家族のことを一番に考え、働き者で、人の悪口や仕事のぐちを言わない所、尊敬しています。
娘の私は顔は似ているけれど、心の広さがもっと似ていればよかったなあと思います。

家族旅行、エピソードなど

小さい頃は、いろいろな所へ連れて行ってくれたね。
海やキャンプ、どれも大切な思い出です。

仕事の都合で、私が中2のときからずっと単身赴任していたね。
でも一緒に住んでいなくとも、まめに父が実家にきていたから全然離れている感覚がなかったよ。
たまにくれる長文の励ましメール。
返事しなかったり、短い返事だけだったり、ごめんね。でもしっかり読んでいます。

体調面などいたわりの言葉

今年60歳になって、もう若くないのだから、これからは、お酒はほどほどにして、仕事を無理しないで下さい。
膝が痛かったり、身体の不調があったりしたら無理しないで休んで下さい。
そして、仕事の区切りがついたら長野に戻ってゆっくり暮らしてほしいと思っています。

お母さんへ日ごろの感謝

お母さん。昔からいつも元気で、言いたいこともはっきり言えるところ私も見習いたいと思っていました。
父同様、働き者で、どこでも器用に仕事をこなし、家事も両立していましたね。

日々の生活が当たり前すぎて、ろくに手伝いをせず、「ありがとう」の感謝を伝えることもしなかったのに、
ごはん、洗濯、掃除、その他家のこと、文句言わずにやってくれていたから、私は不自由することなく、
大きい病気もすることなく、のびのび生きてこられました。

何気ないちょっとした事などを書きます

私の好きな食べ物は毎日のように用意してくれてありがとう。
小学校のときメロンパンにはまって、いつも食べていたね。
今でも肉付きよく、とことん健康体なのは母のおかげです。伝えるのが遅すぎたけれど、今改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

それと同時に、今まで心配ばかりかけて、ごめんね。
昔から不器用で、人付き合いが苦手な私は、くよくよ悩んでばかり。
そんなとき、いつも相談を聞いてくれ、アドバイスや叱咤激励をもらっていました。

特に今回、仕事を変えること。結婚が決まって、地元を離れること。
1年もの間、ぐずぐずと悩んでいる私に「もっと好きに生きなさい。大丈夫だよ!」
と肩を押してくれて、一歩進むことができました。
自分が選んだ新しい道が、これでよかったと思えるように、精一杯やってみるので、これからも元気で見守ってね。

二人への感謝とこれからの家庭、豊富など

私は父と母の娘で本当によかった。結婚しても、私は二人の娘です。
そして温かい家族に囲まれて育ったことを心から感謝しています。

これから少しずつ恩返ししていきたいので、いつまでも健康で元気でいて下さい。

まだまだ未熟な私ですが、これからは二人でゆっくり穏やかに、自分達らしい家庭をつくっていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
今日まで本当にありがとうございました。

 

両親が喜ぶ人気のプレゼントは何

両親の結婚記念日の贈り物

両親へプレゼントする機会は結婚式だけではありません。

両親の結婚記念日

結婚してから15年までは1年単位ですが、20年からは5年単位となりそれぞれに呼び名が付いています

25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚
60年目 ダイヤモンド婚

多分子ども達が大人になってからの家族でのお祝いプレゼントは、25年、30年、40年、50年が多いと思われますので両親の結婚記念日に贈る記念品をご紹介いたします。
また結婚25周年の銀婚式や50周年の金婚式は、子どもや近親者でお祝いをすることが多く、特に金婚式は長寿のお祝いも兼ねて祝うことが多いようです。まずは

お花のプレゼント

まずは定番のお花のプレゼントです。前回フラワーギフトの花言葉でもご紹介しておりますので、ぜひ沢山の花言葉を調べて両親へぴったりな花言葉を選んでプレゼントください。
色、種類など選んだ花はプレゼント用に花束にしたり、アレンジメントにしたりして、華やかに。
また、花束だけでなく別に記念品も準備されることをお薦めいたします。(何か記念になる物)

温泉旅行のプレゼント

カタログギフト「選べる宿泊ギフト」「JTBギフトシリーズ旅行券」など両親の金婚式の贈り物にぴったりです。
両親が結婚してから今までの思い出を振り返りながら心ゆくまでゆったりできる温泉宿泊券など喜ばれると思いますよ。

温泉プレゼント

お酒が好きなご両親に

ワイン・焼酎。日本酒・梅酒など、種類選び方も様々です。ご両親の好きなお酒をプレゼントして下さい。
最近では様々なサービスをされる業者さんもありますのでいろいろ調べてくださいね。
ちなみに、焼酎で人気が高いのは、鹿児島の、森伊蔵、村尾(むらお)、魔王、百年の孤独(宮崎)などがプレミアム焼酎として人気です。(通常価格よりかなり高いです)
また、お二人がご結婚された年のワインを選んだり、瓶のラベルに名前を入れてくれる業者などもあります。(ラベル、彫刻)
ラベル張替えは簡単に手作りできます。和紙などのラベルを購入して、プリンターで印刷し、瓶のラベルを綺麗に剥がして貼るだけです。
ぜひ、ご両親のお名前や似顔絵などをラベルに印刷してオリジナルプレゼントしてみてください。

世界に1冊だけのアルバム

ご両親の出会いから今に至るまでの思い出を1冊のアルバムにまとめて、プレゼントをするのもおすすめです。
もし年代がわかればアルバムの中身を年代ごとに分けて製作すると喜ばれます。思い出の写真には、場所、年齢、日付などを入れたりと工夫してください。
結構手作りな部分がありますので少し前から構想を立ててくださいね。また1ページから2ページほどに家族からのお祝いメッセージとか入れることも忘れないでください。

本格的にアルバムをプレゼントされる場合はオリジナルブックかメモリアルブックをどうぞ。

写真や動画でサプライズ演出

これは記念品、プレゼントではありませんが、お祝いの席の途中で懐かしい写真や動画を流してその場を盛り上げてください。
家族の若かりし日の映像を見たりして笑ったり泣いたりして楽しんでください。スライドの製作は簡単なものであれば、スマホなどでも製作可能ですのでぜひ挑戦してみてください。
もちろん食事場所が自宅以外であれば事前に設備を確認することも必要です。

 

今回ご紹介したプレゼントは結婚記念日だけではなく、結婚式での両親へのプレゼントとしても喜ばれる贈り物になります。

結婚式で両親にプレゼントする 人気のオリジナルギフト

フラワーギフトの花言葉

花言葉ご存知ですか

色々なシーンで贈られる「フラワーギフト」の花言葉。
両親、彼・彼女への記念日にプレゼント、誕生日プレゼント、結婚祝い、還暦祝い、退職祝い、母の日など花を贈る機会は幾度かあることでしょう。
その場面で綺麗な花を選ぶことも大切ですが、その花に込められた花言葉を知って贈ることも相手に対しての心遣いです。
そこで今回は、プレゼントに適した花とその花言葉を紹介いたします。

バラは「花の女王」と呼ばれ、1番存在感があり必ずと言っていいほど使われる花です。またプロポーズなどで男性から女性に贈る花束によく用いられる花でもありますよね。しかし、バラの色、贈る本数によってもその意味は違ってくることをご存知でしょうか。

バラの花言葉

バラの花言葉は、「愛」ですが、他にも白なら「心からの尊敬」、ピンクは「気品」と色ごとに花言葉を持っているので、贈る相手に合わせて色を選ぶと喜ばれます。また、花屋さんから教えていただいたバラの贈る数にも意味があるそうです。

1本「あなただけ」「一目惚れ」など告白するとき。
2本「この世界は2人だけ」恋人に贈るのにぴったりの花言葉です。
3本「愛しています」まっすぐな気持ちをシンプルに ストレートに が伝わります。
4本「死ぬまでこの愛は変わらない」日本ではあまり好まれない4という数字を前向きにとらえた永遠の愛の誓いの言葉です。
5本「あなたに出会えてよかった」誰かへの感謝の気持ちを伝える場面。両親へのプレゼントなどに使えそうですね。
9本「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
12本「私と付き合ってください」
99本で「永遠の愛」「ずっと一緒」108本では「結婚してください」プロポーズに使えそうですね。でも実際に使うにはチョット勇気がいります。
999本「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

そしてバラの色の種類で花言葉も多数ありますが、赤・ピンク系であれば問題なさそうです。しかしあまり神経質に考えることもないですが、贈るときにちょっとだけ花言葉を思う余裕を持つことも必要ですね。

その他の気になった花言葉

スターチス『変わらぬ心』 ポピーピンクは『恋の予感』 ガーベラピンクは「熱愛」赤は「燃える神秘の愛」赤いチューリップは「愛の告白」マーガレットは「真実の愛」スズランは「幸福が訪れる」「清らかな愛情」ジャーマンアイリスは「愛の約束」ブルースターは「信じあう心」など。気になった花言葉があれば、ぜひ花屋さんでご覧ください。

普段はあまり気にすることがなく見たり買ったりしていますが、こんなに意味のある花言葉があるんですね。いろいろな花言葉を知るとこれから花の見方が変わってきそうですね。

今年はバレンタインデーに花をプレゼントしてはいかがですか。

 

両親への手紙は感謝の言葉から

両親への感謝の気持ちから書き出しましょう

お父さん お母さんへ
1990年10月16日 お父さんとお母さんの元に私は生まれました。
この日から29年間、大切に育ててくれてありがとう。

両親との具体的なエピソードを入れるなどして、構成を展開していきます

10月16日はお母さんと同じ誕生日で、お母さんはいつも「私の生まれ変わりよ」と
言ってピアノや絵画、お習字、水泳など、多くの事を学ばせてくれましたが、お母さんが私に託した一番の夢は
♪ピアニストにさせたい♪という夢でしたね。

今だから言える感謝したいことや謝りたいこと

暑い日も寒い日もレッスンに通い、親子で1つの夢に向かう為に、努力を惜しまず頑張ってきたことは、私の人生で大切な時間となりました。
遊びを惜しんで練習をしていた小中学校の頃は、ピアノの楽しさが分からず、練習をしなかったり反抗的な態度をとったりと、困らせた事も沢山ありましたね。
でも、どんな状況でもお母さんは「辞めよう。」とは言わず、私と真正面から向き合ってくれました。

音高の入試に合格した時に、お母さんと一緒に分ち合った喜びは、忘れることの出来ない一生の思い出です。
ピアニストにはなれなかったけれど、ピアノを通して築いた親子の絆は、かけがえのないものとなりました。

尊敬できるところ、好きなところ

そしてお父さんとの思い出も沢山あります。
小さい時は、たこ揚げや自転車を教えてくれたり、毎年ひな祭りには大きな雛壇を組み立ててお祝いをしてくれたことが、とても印象に残っています。

そして、どんなに遅い時間でも毎日駅まで迎えに来てくれて、車に乗れない日は、歩いてバス停に迎えに来てくれました。
お昼のランチのこと、会社でのこと等・・・。1日あった出来事を話したり、たまにはアイスクリームを買いに行ったりもしましたね。
少しの時間でしたが、お父さんとの貴重な時間が持てることを、日々嬉しく思っていました。

アルバムを見ると家族で過ごした様々な思い出が蘇ってきて、今日まで沢山の愛情で、何不自由なく育ててくれたことに、涙が止まらなくなりました。

結婚するにあたっての心境、結婚生活への抱負喜びを伝えます

大好きなお父さんとお母さんの元を巣立つのは寂しいけれど、今日、私はお嫁にいきます。
心から信頼の出来る生涯のパートナーにめぐり会い、両家が良いご縁となり結ばれたことは人生で最高の喜びです。
今まで親孝行は出来なかったけれど、二人で仲良く、太陽のように明るく温かい家庭を築いて行く事が、これから私に出来る親孝行だと思っています。

最後にもう一度今までの感謝を伝える

結婚という人生の大切な瞬間を迎えた今、29年前にお父さん、お母さんの子供としてこの世に生まれてきた事に感謝します。本当にありがとう。
これからは、二人の人生を末永く大切にして、長生きして下さい。

 

両親への手紙の時間は、大体3分前後。文章量の目安は1000文字前後の文量にしておくのがちょうど良いでしょう。
長すぎても、ゲストが退屈してしまいます。どうしても長くなりそうな場合はバックに思い出の写真のスライドを流したりチョットした演出も効果的です。

ドレス選びと結婚報告

ドレス選び

今回は会場も決まり本格的に結婚式の準備に取り掛かる期間です。
まず何をされますか。そうです、会場が決まった後には衣装選びになります。
提携先のドレスサロンや人気のレンタルのドレスの場合は、同じドレスが何着もあるという訳ではありません。
あの時試着したドレスが良かったと思っても、もうすでに予約されていたと言うことのないように、ドレス選びは早めにしたいですね。
その為にも、自分の気に入ったドレスを選ぶためには出来るだけ早めの会場探しも必要ですね。

また、ドレスの選び方ですが、自分の好きなデザインとか色とかに片寄らず家族にも意見を聞いて選ぶことも大切です。
ドレス選びは初めての経験です。どんなドレスが似合うかわからないのは当然ですよね。その場合は好みのドレスをスタッフに伝えて全てゆだねてしまうのも一つの方法です。

結婚報告するタイミング

結婚の報告するタイミングは、結婚式の日取りが決まってからになります。
仕事をしている場合は、まず直属の上司、お世話になっている先輩や同僚の順に報告します。まわりの人たちへ正式に結婚の報告をすることは、大人としてのマナーでもありますし、今後の人間関係をスムーズにしていく上でも大切なことになります。

友人や知人への報告は出来るだけ自分の言葉で「結婚します」と伝えたいですね。
仲のよいグループの場合は、みんなの前で同時のタイミングで報告したいものです。

また、親戚への報告もしなければなりません。日頃付き合いのある方には自分の声で伝えてくださいね。きっと親戚の方々にとっても嬉しいものです。
もしあまり付き合いのない親戚であれば親のほうから報告してもらいましょう。

招待客の最終決定ですが、新郎新婦の主賓と絶対に来てほしい人を最優先に決めます。
主賓は招待ゲストのなかで「最も社会的地位が高い人」を主賓とするケースが多いようですが、一般的には新郎新婦とのエピソードをもつ目上の人物が適任といえそうです。その場合、会社のトップ、上司や学生時代の恩師などにお願いすることも多いようです。

主賓の挨拶・乾杯の発声などは披露宴のはじまりに、ゲストを代表して祝辞を述べてもらう大切な役目です。
誰にお願いするかも含め、両家できちんと話し合いましょう。ゲストへの打診は、結婚報告と同じタイミングでお願いしてください。
招待客も両家のバランスを相談しながら、お互いが納得できるように決めましょう。
最終的に新郎側・新婦側の親族、友人などを確認しながら、今回会場の都合、両家のバランスなどで披露宴に呼べない人は、細かな気配りを忘れずに二次会に来てもらうようにしましょう。

またスピーチや余興など、両家から気心の知れた親戚、友人にお願いする場合は、その人の特技(話上手、歌が好き)なども人選に活かしてくださいね。

 

感謝状の書き方例文

結婚式を迎える新郎新婦から両親家族への感謝状の文章を作るポイントですが、
今まで育ててもらった感謝とこれまでのご苦労をねぎらった言葉を文章にすると良いかも知れません。

文章は普通の感謝状のような少しかしこまった感じのほうが感謝状らしくなりますし、その中に○年間とか短く思い出エピソードなどを盛り込んだ文章にしてもいいですよね。あなたらしく書くこともポイントです。

感謝状の下には○○○○殿、○○○○様、お父さんお母さんへ、パパママへなど
また最後には日付、名前なども書くと感謝状らしくなります。
感謝状の文面はPCで印刷したもの、直筆で書いたものまで多様ありますが、
家族用であれば世界に1枚しかない直筆でも喜ばれると思います。
全て自作の場合は感謝状の飾り枠なども無料でダウンロードできるサイトもありますのでご覧ください。

それでは感謝状の例文をご紹介します。

感謝状
○○○○様
○○○○様

二人は今日まで○年間どんな時も
私を見守り支え大きな愛情で
包み育んでくれました
その長年にわたる苦労と
愛情に対して心から感謝し
この感謝状と記念品を贈ります
2018年11月3日
一郎

 

感謝状

お父さんお母さんへ

○○年間いつも変わらぬ愛情で
私を育ててくれました
これからはお二人をお手本に
温かく笑いの絶えない家庭を築きます
今まで本当にありがとうございました
2018年11月3日
美穂

 

感謝状
お母さんへ

あなたは子育ても家事も立派にこなし
家族みんなが元気で楽しく過ごせるよう
長きにわたり懸命に尽くしてこられました
その苦労と愛情に心から感謝いたします
今まで本当にありがとう
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
○○○○殿

あなたは○○年間長きにわたり
私たち家族が幸せに暮らせるよう
一生懸命働き続けて来られました
そのご苦労と愛情に対し
心から感謝の意を表します
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
○○○○様
○○○○様

あなた方は今日まで○年間にわたり
私に何不自由なく過ごせるよう
仕事・家族サービスに邁進してこられました
そのご苦労と愛情に対し
心から感謝の意を表します
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
お父さんお母さんへ

○○年間私を育ててくれてありがとう
今日この日を迎えられたことは
ひとえにお二人のおかげです
今までもこれからも二人の娘であることに
変わりはありません
これからもどうぞよろしくお願いします
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
○○○○様
○○○○様

あなた方は○○年間
いつも私の良き理解者であり
応援団でいてくれました
お二人のおかげで今日このように
幸せな日を迎えることが出来ました
本日そのご苦労と愛情に対し
心から感謝の意を表します
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
○○○○殿

今日までの○○年間ありがとう
どんな時も私のやりたいことを応援し
背中を押してくれたことに感謝いたします
これからは心配をかけないよう
しっかりと二人で歩んでいきます
本当にありがとう
2018年11月3日
○○より

 

感謝状
○○○○様
○○○○様

あなた方お二人は今日までの長きに渡り
私が楽しく幸せに暮らせるよう
仕事・家族サービスに邁進してこられました
ここにそのご苦労と愛情に感謝の意を表します
本当にありがとうございました
2018年11月3日
○○より

 

子育て修了証書
○○○○様
○○○○様

あなた方お二人は今日までの長きに渡り
私が楽しく幸せに暮らせるよう
仕事・家族サービスに邁進してこられました
ここにそのご苦労と愛情に感謝の意を表し
子育て修了証書を贈ります
今まで本当にありがとうございました
2018年11月3日
○○より

 

フォトフレーム