お父さん、お母さんにとって私はどんな娘だったかな?

お父さん、お母さんへ

昭和60年7月15日、私は産まれました。
それからもう30年の月日がたちましたね。
そして無事に今日という日を迎える事ができました。
本当にありがとう。

今までの30年間を振り返ってみると
本当に色んな事があったね。
お父さん、お母さんにとって私はどんな娘だったかな?

4人兄弟の一人娘。
弟3人、私一人女ということもあり
時々寂しく思うこともあったけど、今思えば一人娘だったから、
娘として愛情を独り占めできたんだよね。幸せに思います。
その分、たくさん甘えたね。

お父さん
小さい頃色んな所に連れて行ってくれてありがとう。
海、山、川、キャンプ、バーベキュー、スキー、海外、、、
色んな経験をさせてくれたね。
たくさんの思い出を作ってくれたね。

昔のアルバムにはたくさんの笑顔。
兄弟4人の笑顔をみるとすごく心があったかくなります。
このアルバムの中の写真はどれもかけがえのない思い出です。

私はすごく手のかかる子だったね。
就職しても、寮まで送り迎えたくさんしてもらったね。
休みの日、一人で寮にいるのは寂しくて、休みのたび、家に帰ってたね。
お父さんが、仕事にいく時、いつもより早起きして寮まで送ってくれたこと、今では懐かしく思います。
運転できるようになるまでの約4年間、お父さんには甘えっぱなしでした。

お母さん
お母さんとは、たくさん話をしたね。
私にとって何でも話せる存在、とても大きな存在。
お母さんとは、近すぎて時にはけんかする事もあったね。
でも時間がたてば、また元通り。
何でも言い合えて、信頼関係があって、やっぱり親子だよね。

お母さんの働く姿を見て、私も看護師になったね。
お母さんが看護師じゃなかったら、きっと私は別の道を歩んでいたね。
私の道しるべになってくれてありがとう。

昔の私は、人見知りで内向的で、家にいることが多かったね。
でも成長し、色んな人との出会いを経験し、私は少しずつ変わっていったね。
その第一歩は、お母さんが習わせてくれたピアノがあったからだよね。
私にとってピアノがあったから、強くなれた部分、たくさんあったよ。
ありがとう。

楽しいこともたくさんあったけど、色々大変な事、家族がバラバラになりそうな事、本当に色んなことがあったね。
でも、何があっても家族は家族。
何よりも家族みんなで過ごす時間が 私は大好きでした。
そう思える、家庭で育つことができ幸せでした。

お父さん、お母さんの娘に生まれて幸せでした。
お父さん、お母さん、大好きです。

最後に、
なかなか照れくさくて言えなかったけど、30年間、たくさんの愛情で育ててくれて、本当にありがとう。

お父さん、お母さんへ

お父さん、お母さんへ

昭和57年6月29日に
お父さんとお母さんの元に私は産まれました。
「産んでくれてありがとう」

小さい頃は弟と2人
いつもお母さんに本を読んでもらっていました。
仕事に出かけるお父さんとお母さんに
泣いて困らせた事もありました。
写真を見て今までを振り返ると、
楽しかった事、嬉しかった事、悔しかった事、
いろいろあったなぁって昔を思い出します。

いつも何かあると、仕事の遅いお父さんの食事の時に
3人で話をしていましたね。
クラブ活動、仕事、友人の事…。
いつもお父さんも、お母さんも真剣に話を聞いてくれました。
そして、いろいろな話をしてくれましたね。

そして辛いことがあって学校に行きたくない時も、
毎日を笑顔で過ごしてきました。
笑顔で過ごせたのは
お父さん、お母さんのおかげです。ありがとう。

今まで親孝行なんて何も出来なかったけど、
これから二人で仲良く生活していく事が、
そしてたまに遊びに来て元気な顔を見せる事が
これから私たちに出来る
お父さん、お母さんに対しての親孝行だと思っています。
くれぐれもムリをせずに体に気をつけて、仕事がんばってね。

私を産んでくれてありがとう。
今まで大切に育ててくれてありがとう。
私は幸せになります。

僕たちは結婚して 二人で新たな一歩を踏み出しました

両親への手紙サンプル集(新郎)

お父さん お母さん
ぼくをこれまで愛情いっぱいに育ててくれてありがとう
そして いつも励まして支えてくれてありがとう
なかなか口に出していえないけれど 心から感謝しています

お父さん
小さい頃は よく仕事帰りにお菓子を買ってきてくれましたね
お父さんのバイクの音が聞こえるとうれしくなったのを覚えています
いっしょにキャッチボールをしてくれたこと 今でも忘れられません
社会人になって 仕事に行き詰まってしまった時にメールで
「憂也ならまだ大丈夫だ」という一言で また立ち上がることができました
いつまでも若々しく 笑顔で孫やぼくたちに接してくれるお父さん
何かあると いつも車で家族の送り迎えをしてくれるお父さん
16年間 一人で家族のために働いてくれたお父さん
お父さんがいてくれたからこそ 今の僕がいます
本当に ありがとう

お母さん
小さい頃から 甘えん坊で いつもくっついていましたね
子どものころ なかなか眠れない時
お母さんが側にきてくれるだけで 落ち着きました
どんな時も ぼくのことを一番に考えてくれました
困ったことは お母さんに相談したら
いつも解決してくれましたね
優しく支えてくれる お母さんがいてくれたからこそ
どんなことでも 乗り越えてこれました
家族のことを とても大切にしてくれる お母さん
これからは たくさん親孝行させてください
そのためにも長生きしてね

幼稚園生の頃 野菜が苦手な僕は
朝になると行きたくないと泣き出してしまいましたね
そんな僕をいつも自転車の後ろに乗せて
連れて行ってくれました
初めてのお泊まり保育ではお父さんとお母さんと離れて寝ること
とても寂しかったでした

小学6年生で
お父さんが働いている名古屋に一人でいきました
あんなに遠くで 一人でがんばっているお父さんって
すごいなと心から思いました
中学校になると 反抗期を迎えて
お母さんと一緒にいることが恥ずかしくなって
よく口ごたえしましたね
でも どんなときもそんなぼくを否定することなく
受容してくれました
高校入試や大学入試に失敗したときも
お父さんやお母さんから
責められたことは 一度もありませんでした
私立の学校に行ってしまって
お金がたくさんかかってしまったのに
大変な姿を見せることなく 応援しつづけてくれたこと
心から感謝しています

小さいころからの夢だった小学校の先生
子どもとかかわる仕事に就きたい やりがいのある仕事に就きたい
そういう夢をもったのは
子どもが大好きで 他人の子どもでも悪いことをしていると
真剣に注意してくれるお父さんと
いつも深い愛と温かい眼差しで
子どもたちを見守ってくれるお母さんの姿をみてきたからでしょう

夢がかない 就職して子どもたちと一緒に過ごす毎日は
楽しくて 充実しています
大変なことは たくさんあるけれど
大切なことを教え 子どもたちの良さを伸ばしていくことに
喜びを感じています

僕たちは結婚して 二人で新たな一歩を踏み出しました
まだまだ未熟な僕たちを これからも あたたかく見守ってください
そして これからは
お父さん お母さんを僕たち兄弟が力を合わせて支えていきます
これからますます新しい家族が絆を深め
根をはり 枝葉を広げて すてきな花が咲きますように…

贈る人の名前を使ってネーム(名前)ポエムの手作り

結婚式に両親の名前を入れたポエム、還暦を迎えた方の名前を入れたポエム、さらに出産祝いや子供への誕生日、七五三、子供の日、入園、入学、孫等へのメッセージポエムとして色々な記念日に名前ポエムは贈られているようですね。
そんな大切な人へのプレゼントだからこそ、あなた自身で名前ポエム作ってみませんか。
自作ポエムで検索すると色々な無料サイトがあります。

そのサイトの中からお名前詩例文無料公開サイト「ことのは家」をご紹介いたします。

お名前詩!作者は仙台太郎

************************************************************
贈る方に合ったポエムの作成が出来ます。
感謝のポエム、赤ちゃんポエム、男女のポエム、定年退職のアプリ、女子のポエムです。
感謝のポエムは、文章の最終行に必ず「ありがとう」という言葉が読み込まれます。
とにかくポエムの最後に「ありがとう」が入りますので、感謝の気持ちを伝えたいシーンでご利用になれます。
赤ちゃんポエムは、赤ちゃんや子供向けのフレーズを収録していますので、
出産祝いや子供への誕生日、七五三、子供の日、入園、入学、孫等へのメッセージポエムとしてご利用になれます。
定年退職のポエムは、定年退職を迎える人へのメッセージポエムが作れます。感謝のポエムと同様、文章の最後の行には感謝の言葉「ありがとう」が読み込まれます。
男女のポエムは、夫婦やカップルといった、男女二人の名前で作るシーンでご利用になれます。結婚式、結婚記念日、付き合った記念日、といったシーンに合うフレーズを収録しています。

(引用元 「ことのは家」例文紹介)
**************************************************************

名前を使ったポエム作りは最初は難しいように感じていましたが、このサイトの名前と例文(ポエム)を見て実際に作ってみると
そんなには難しくなかったように思えました。そして例文に例文を加えたりしていくうちに自分の思い描いたポエムも出来上がるようです。
また自分で作ったポエムだから1文字ごとの重みも感じられます。

少し筆文字に自身がある方(綺麗に書く必要はありません。特徴のある文字であればOKですよ。)
パソコンで印刷しても大丈夫です。最近は筆文字の書体も出ていますので自分のイメージに合ったものを選んでください。
やはりポエムは見た目が大事に思えます。文字の間隔、文字の配列、大きさなども色々なポエムのサイトを見て参考研究することも必要です。

ぜひポエム作りを楽しんでください。

結婚式の家族への手紙 サンプル

今まで育ててくれた事への両親への感謝「書き出し」

お父さん お母さんへ
昭和59年1月28日 身長47cm 体重2540g
お父さんとお母さんの元に私は産まれました。
この26年間大切に育ててくれてありがとう。
いつも、お父さん、お母さんの温かい愛情に包まれて、私は幸せ一杯でした。

父への感謝と思い出

お父さん。
とにかく明るくて、社交的で、
そんなお父さんからはたくさんの優しさをもらいました。
小学生の時、右足に大やけどをしたとき、「お父さんの皮をあげたい。」そう言ってくれたね。
お父さんたちに反抗して、家を飛び出したとき、夜中まで探してくれたね。
雪がすごくて車を運転して帰れなかったとき、軽トラでかけつけてくれたね。
お父さんのたくさんの優しさに支えられて、今の私がいます。

母への感謝と思い出

お母さん。
お母さんからは、温かさをもらいました。
仕事をしながらの、家事。
今だからそのあたりまえの日常のありがたみがよくわかります。
仕事で疲れて帰ってきたときの美味しいご飯。
お母さんのハンバーグは絶品です。
高校入試で失敗した時の「がんばったね。気をつけて帰っておいで。」の一言。
家に帰って私が話すことを最後まで聞いてくれたこと。
そして時に厳しく、小さい時から、礼儀・常識をきちんと教えてくれたこと。
お母さんの温かさのおかげで、今の私がいます。

姉妹への感謝と思い出

明菜。
姉妹というより、一番の大親友。
たくさんけんかもしたけど、たくさんなぐさめてもらった。
いけないことはいけないって言ってくれたし、がんばれって言ってくれた。
小さい頃からいつも一緒で、2人そろうと、とにかく大笑い!
これからもずっと変わらない仲良姉妹で☆

祖父母への感謝と思い出

おばあちゃん、天国のおじいちゃん。
おばあちゃんの作るまぜごはんは天下一品。
おちゃわん3杯は軽く食べられてしまいます。
おじいちゃんの作る桃は世界一。
おじいちゃんが美味しいという桃は本当に美味しかった。

家族との思い出

家族でもいろいろなところに出かけたね。
中でもシルバーウィークに出かけた、山陽山陰の旅。
強行スケジュールだったにもかかわらず鳥取砂丘見て、広島に行って、厳島神社の大鳥居見て、
お好み焼き食べて、天橋立行って。ハプニングもネタもたくさんの楽しい旅になりました。

家族みんなのおかげで、
元気に楽しく過ごすことができました。

自分がこうと決めたら絶対譲らない、
頑固で、意地っ張りな私だから
たくさん心配をかけました。
これまで、支えてくれてありがとう。

今までの感謝と抱負

結婚という人生の大切な瞬間を迎えた今、
26年前に二人の子どもとしてこの世に生まれてこられたこと、本当によかったと思います。
これからは二人で、お父さんお母さんのような夫婦をお手本に、支え、助け合っていきます。

 

両親だけでなく、家族、お世話になった親戚などへの感謝の一言も添えるといいかも知れませんね。家族の絆が感じられます。

 

手作りウェディングペーパーアイテム

結婚式の招待状を手作りしてみよう

招待状も担当のプランナーさんにお願いすれば全て揃えたりしてもらえますが、今回は手作りに挑戦される場合のポイントです。
その前に手作りは多少なりにパソコンが使える方、そして結婚式まで時間のある方になります。

招待状のデザイン

まずは、どんなデザインにするかを決めることになります。
PCなどである程度イメージに合ったデザインを見ながら気に入った素材を組み合わせて独自のデザインで作る方法。
または、今回は完成したデザインのテンプレートをダウンロードして簡単に作る方法があります。
ただし素材には著作権などありますので詳細確認の上、無料か有料か確認してダウンロードしてくださいね。
(少し凝ったものは有料のものがありますので確認)

手作りウェディングペーパーアイテム

一般的な招待状は厚手の紙の外紙と挨拶文が記入された少し厚手の中紙で出来ています。

その紙を調達するには地元大型文具店かペーパーアイテム専門サイトなどで揃えることが出来ます。
また紙の種類も多くあり、柄・色・素材等多くから気に入った紙を選べます。
デザインと紙が決まったら次は印刷です。
今のPCはある程度印刷ソフトが最初から揃っていることもありますが、ブライダル用ソフトで無料のものもあります。(手作り招待状作成ソフト)などで検索してみてください。中身は素材、テンプレートなどが多く揃っていますので簡単に作れます。

また有料ソフトでは「手作りウェディングペーパーアイテム」などが3000円前後の価格で販売されています。
このソフトは、市販されている専用紙に、文字・画像・図形を配置して、オリジナルの「招待状」「席次表」「席札」「結婚報告ハガキ」などを作成印刷する事ができます

手作りはアイデア次第

招待状にリボンを付けたり、飛び出すカード風な招待状、ご自分達の似顔絵の招待状。(業者さんに頼まなくても簡単な似顔絵でもOK)
コンサートチケット風な招待状などアイデア次第でどんなものでも作れるのが手作りの良さです。
普通の招待状には無い手作りだから出来るこだわりの招待状の出来上がりです。

日本郵便のオリジナル切手作成サービスもお薦めです。ご自分達の写真で切手を作り招待状の切手として使います。82円郵便切手×10枚タイプ1シート1,230円(82円郵便切手×10枚・シール式)気になった方は郵便局にお問い合わせください。

もし時間と意欲のある方はぜひ手作りに挑戦してみてください。受け取った方にとっても印象に残る結婚式になるかも知れませんよ。

また、二人の結婚式のいい思い出になるかも知れません。

 

結婚式の招待状の作り方

結婚式の招待状の作り方

招待状はご招待する方の予定や人数を確定させるために必ず必要となります。

招待客のリストアップ

まずは招待客のリストアップをしなければなりません。
リストアップの方法は「親戚」「恩師」「職場の同僚・先輩・上司」「友人」などで絞っていきます。
そして招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大切です。
またどちらかが遠方の場合など、やむえず人数に差が出る場合もあります。その場合はテーブル席次表などは友人などで調整していきましょう。
そして招待客のリストアップは二人で十分に話し合って決めましょう。

招待状の投函

結婚式の日取りが決まり、ゲストのリストアップが出来れば、一般的には式の2ヵ月~3ヶ月前までには招待状を送付します。
早すぎるとゲストの予定が決まってなく、また遅すぎるとすでに予定が入っていることがあります。
また招待状の投函日も出来れば「大安」または「友引」などの日柄の良い日に投函しましょう。(今はあまり気にすることもありませんが)

出決の返信ハガキの期限は結婚式から1ヶ月前くらいの「大安」または「友引」など縁起の良い日を選びたいですね。
また1ヶ月前までに返信ハガキが返ってこない場合もあり、そのため席次表や席札の注文が出来ないなど今後のスケジュールに遅れが生じてきますので出来るだけ少し余裕を持って投函していくことも必要です。

招待状の文例

文面はどのように書けばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
招待状には出す時期や渡し方のマナーがあります。
招待状を送る際になくてはならないのが「本状」です。

(時候のあいさつ)
謹啓 早春の候
皆様におかれましては
益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

(媒酌人をたてる場合)
このたび私たちは ○○○○様ご夫妻のご媒酌により
結婚式を挙げることになりました

(媒酌人をたてない場合)
かねて婚約中の私たちは
このたび結婚式を挙げ
新しい第一歩を踏み出すことになりました

(結婚式・披露宴への招待文)
つきましては 皆様により一層のご指導を賜りたく
ささやかではございますが 披露宴を催したく存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ぜひご出席をお願いいたしたく ご案内申し上げます

敬白
平成○年○月吉日
○○○○(新郎氏名)
○○○○(新婦氏名)


日時 2019年5月20日(月)午後1時開宴
(開宴30分前までにお越しください)
場所 ○○ホテル 3階 松の間

(出欠連絡の締め切り日)
なお お手数ではございますが ご出欠のお返事を ○月○日までに賜りますよう お願い申し上げます

●返信ハガキは受取人の住所氏名を記入をし、切手を貼付けた状態で同梱します。(切手は慶事用の図柄もあります)
●挨拶文には句読点をつけてはいけません。
句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いになることからだそうです。気をつけましょう。
●遠方の方々のためにもホテルまでの地図など入れておきましょう。(最寄駅から何分など)

文面は色々なパターンがあります。
媒酌人あり無し、結婚式のスタイル、挙式あり無し、などによっても文言が変わってきますのでご自分達の挙式スタイルによって変えていきましょう。

招待状の文面が出来上がれば次は招待状の製作です。
印刷、デザインなど様々なものが出ていますが、製作は業者に任せますか、それとも手作りですか。
次回は招待状の作り方です。

 

結婚式で両親との思い出を手紙に-例文

両親へ育ててくれた事への感謝

お父さん、お母さん、
今まで25年間大切に育ててくれてありがとう

生まれてから一度も親元を離れたこともなくずっと甘えっぱなしで、
兄3人の末っ子という中でわがままだったけど言い尽くせないほどたくさんの愛情のなかで育ててくれた
お父さん、お母さんに感謝しています。

お父さんへとの思い出と感謝

お父さん、
お父さんとの思い出を振り返るといつも小児病院の頃のことを思い出します。
仕事から帰ってくるといつも抱き上げてたんすの上にのせてくれたこと。
春になると朝一緒に散歩したこと。みんなでBBQしたこと。
仕事が忙しい中でも連れて行ってくれたスキーや、キャンプのこと。

引っ越してきてからは少し家族の時間も減ってさみしかったです。
反抗期も長くてちゃんと話もしてなかったけど、同じ職場で働くようになって会話も増えて、お父さんの仕事の様子を見て初めてお父さんがどんな人なのかわかった気がします。
困っている人をほっとけないところ、弱い人の味方をしちゃうような義理人情に厚いところ尊敬しているし、実はちょっと自慢です。

お母さんとの思い出と感謝

お母さん、
お母さんには、本当いつもわがままばっかりでごめんなさい。
私に悩みがあると言葉にはしなくても察してくれるお母さん。
やつあたりして、それでもケロッと受け止めてくれるお母さんには何度も救われました。
体調を崩した時も、愛犬のらんちゃんが、死んでしまった時もずっと一緒にいてくれました。
毎日の送り迎え、毎日の掃除、出かける用事があっても必ず作ってくれたごはん。
25年間のどこをとってもお母さんの愛情でいっぱいです。
将来子どもができた時にお母さんみたいなお母さんになりたいと思っています。

これからの生活への抱負と両親への心使い

やんちゃすぎて迷惑もたくさんかけたけど、私はお父さんと、お母さんの娘で本当に良かったです。
何一つ親孝行できなかったけど、これからは何かひとつでもできるように頑張ります。
6人で暮らしていたあの家で二人で暮らすのはさみしくなると思うけど、これからも二人仲良く長生きしてください。
本当にここまで人一倍世話のかかる私を育ててくれてありがとうございました。

 

結婚式のプチギフト

プチギフトは準備されますか。

結婚式の披露宴が終わった後に出席していただいた方へお渡しするプチギフトは準備されますか。
披露宴が終わり二人で会場の出入り口付近でお見送りする際に、お渡しするプチギフト。

必ずプチギフトを準備する必要はありませんが、お見送りする際には、参列者の方々一人一人とお礼を言う場面でもあります。しかし、
お見送りをするだけの場合は、言葉を交わす事がないまま即座に帰る方が多い可能性もありますが、お見送りの際お渡しする事で、より接する機会は増えてきますので、お一人お一人と、今日の日の感謝の言葉を伝えることが出来ます。
その為にもプチギフトの準備は大切です。

ただしプチギフト選びは、両親へのプレゼント、引き出物とは違いそんなに高価なものではありませんが、安価な品物ほど選ぶ人のセンスが問われます。

プチギフトのサイトを見ると様々なギフトを見て選ぶことも出来ます。たとえばチョコレート、クッキー、キャンディなど。
また飲食品の他にも、何か記念に残るもの、日常品、(お二人の名前は入れない)なども候補に挙げれます。
どちらにしても、自分がもらった時に嬉しい物なのかが一番のポイントです。

安価なものでもちょっとした工夫、アイデアでオリジナリティある他にないギフトになります。そして、列席者の年代、性別問わず実用的なプチギフトを選ぶ事も喜ばれる要因となります。
さらに、ふたりからのオリジナルメッセージの入ったプチカード(似顔絵入りなど)を添えるとまた気持ちが伝わりそうですね。

今、結婚式の準備で忙しいお二人ですが、プチギフト選びにも手抜きが無いようにしたいものです。

 

両親贈呈お便り集

改めて両親への感謝の思い

先日は、本当にありがとうございました。
早速本とCDRを見せていただきました。
イメージどおりのものに仕上がっており、高級感もあり本当にお願いしてよかったなと思います。
披露宴がなく、なかなか感謝の言葉を面と向かっていう機会がないので、この本を渡すことができてよかったとおもいます。
本をよみながら改めて両親への感謝の思いがこみ上げてきてしまいました。
CDRにもしていただいたので、自分でもまた見ることができるのでうれしいです。
また別の機会にもお願いすることがあるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いいたします。
ややこしいお願いも聞いていただき、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

 

大変思い出深い両親へのプレゼントになりました

先日は、素敵なレターブックを作っていただきありがとうございました。
挙式の際の両親へのプレゼントを悩んでおりましたが、貴社の絵本にして良かったです♪大変思い出深いプレゼントになりました。
今後、結婚する友人などがおりましたら紹介したいと思っております。
また、当初は貴社が九州の遠方ということと、制作のやりとりがメールのみになりますことを、少々心配しておりましたが、 電話でもメールでも迅速且つ大変丁寧な対応をいただきましてとても安心いたしました。
今後も何かの記念の際には、利用したいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

無事にアルバムが手元に届き、昨日無事結婚式も終了いたしました。
かなりギリギリに申し込みを行い、そのうえ、文章の送付もギリギリ&修正が多いなど大変お手数をかけてしまいました。
アルバムのサイズを確認した時に、絵本サイズなので写真もかなり小さくなってしまうかなあと少し心配になっていたのですが、送付した写真よりも綺麗になっているのではないかという出来栄えでとても満足しています。

また、CD-Rも迷ったのですが、頼んでよかったかなあと思いました。パッケージに自分の写真が入っているのはなんだかとても嬉しいです。

 

両親へのプレゼントはシンプルがベスト

絵本届きました。想像以上に素敵な出来ばえでとてもうれしかったです。
他にも同じような本は出ていましたが写真入りの紙の表紙でなく布だったのでちょっとシンプルすぎるかなと思っていましたが実際の本は高級感があり温かく気持ちの伝わる本でした。
写真入りもいいけどやはり両親に渡すにはシンプルなほうが気持ちが伝わりそうでいいですね。本当にお願いして良かったです。
本も丁寧に作られていて感激です。ありがとうございました。今度は知人に両親へのプレゼントとして教えておきます。

 

両親へのプレゼント贈呈品としてご購入された方からのご感想です。